皮脂は必要!

頭皮の汚れが髪の毛にとって大きな負担となることはよく知られる事実だと思います。

しかし、過度に頭皮を清潔に保ちすぎる事が、育毛には逆影響になる事もまた事実なのです。

頭皮を清潔に保つことは育毛にとっても重要なことに変わりはないのですが、一日になんどもシャンプーをするような過度に頭皮を清潔に保とうとする姿勢は、逆に薄毛や抜け毛を促進する結果になってしまうので注意が必要です。

頭皮の汚れの中心は毛穴から分泌される皮脂です。

しかし、皮脂は本来、頭皮に水分を保つための重要な役割があるのです。

頭皮から水分がなくなり乾燥してしまうと、かゆみや炎症の原因となり、そこから薄毛・抜け毛が広がってしまうのです…。

頭皮には適度に皮脂が残っていることが重要であり、清潔にし過ぎることで皮脂を完全に取り除いてしまうことは非常に危険な事なのです。

また、皮脂を完全に取り除こうとすると、今度は逆に皮脂が過剰に分泌され、頭皮に皮脂が過多の状況にもなります。

皮脂が多いと、コレはコレで育毛には悪影響になってしまいます…。

そういった意味において、シャンプーは一日一回、これを原則にしましょう。

また、頭皮が弱い人は、皮脂を強力に取り除くシャンプーの使用は止めましょう。

育毛という意味では、頭皮に優しい自然由来のシャンプーを利用するのが一番です。

よっぽど皮脂が多くて困っているということもない限りは、刺激の強いシャンプーを用いるのは避けたほうが良いでしょう。

他にも育毛の為には食生活の見直しや、シャンプー以外の生活習慣も振り返ってみると良いでしょう。

脂っこいものを常に食べたり、夜遅くまでおきていたりしませんか?

なんでもないことのように思うかもしれませんがこうした一つ一つが髪の毛に影響しているのです。

AGA治療を行っているクリニックでは発毛治療として生活習慣や食生活に関するアドバイスが含まれているそうです。

シャンプーの仕方は勿論の事、こうした日常の良くない習慣を改めることが薄毛治療には重要だと捉えられているのです。